« 嫌われ芸人1位が江頭から伸助へ | トップページ | 舌禍 »

2011年7月10日 (日)

ワンクリック詐欺&被害相談詐欺にご注意

 インターネットに慣れ親しんでいる人なら、アダルトサイトへの入り口を目にしたことがあるだろう。特に意図しなくてもそういう画面に行きついてしまうように仕組みが出来上がっている。18歳以上ですか、未満ですかと聞いてくるやつだ。見本だけでも見てみるかなどと安易に考えてクリックしてしまうと、契約が完了しましたので料金をお支払いくださいと表示される。そして、何日以内に振り込む(現金書留で送るケースもある)と割引になるという誘い文句もある。加えて、あなたのIPアドレスは何番であり、振り込まないと身元調査を行い、その調査費用も上乗せして請求すると書いてある。元に戻り、入口の画面の下の方には目立たないように規約を示している。見えるのは第1条だけであり、それ以下は画面を動かさないと見えないようになっている。

 こういうものに初めて引っかかると、うろたえてしまう人が多い。契約が有効に成立してしまったのではないかとか、IPアドレスから身元がばれてしまうのではないかという心配である。なかには、間違えて契約してしまったのでキャンセルしたいと電話をかけてしまう人もいる。そうすると逆に身元が明らかになってしまい、脅されて支払ってしまうことになる。

 実際は正当な手続きをとっておらず、契約は成立していないので、支払う義務はない。また、IPアドレスから身元がばれることもない。詐欺師の方は、楽をして儲けたいからやっているので、手間や費用をかけて何万円単位の金を稼ごうとはしない。また、無用なリスクはとらない。一番のカモは、うっかり振り込んでしまう人なのだ。それだけでも、けっこうな稼ぎになっているのではないかと想像される。とにかく、放置するのが最善だ。

 もうひとつ、便乗商売として、この手の問題に相談すると称して、高額の相談料を取る商売がある。実際に相談にのって、それに対する対価を得るのは詐欺とはいえないが、それも相場の何倍もの金額を要求すると悪質であるとは言えるだろう。○○解決センターなどという看板を出している業者だ。ひっかかった人が狼狽して助けを求める心理につけ込む、なんとも卑劣な商売である。

 電車に、債務を軽くする方法があると誘う法律事務所の広告が目立つが、あれも如何わしいものが多いらしい。相談相手は慎重に選ぼう。公的な機関に紹介してもらうなど、とにかく金儲けでやっていないところが信用できる。

« 嫌われ芸人1位が江頭から伸助へ | トップページ | 舌禍 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嫌われ芸人1位が江頭から伸助へ | トップページ | 舌禍 »