« 人間の評価は自分では決められない | トップページ | 閏二月二九日 中野重治 »

2011年6月24日 (金)

女性にもてるということ

 女性にもてる男とそうでない男がいる。できれば、もてる男になりたい。誤解しないでほしいが、多くの女性とつき合って浮名を流したいと思っているのではない。もてる男と言っても、たくさんの女性とデートしているという意味ではなく、多くの女性から好かれることを言っている。

 女性との付き合いから学ぶことは多い。付き合いといっても、「交際」だけを意味しているのではない。それ以外の交友関係の占める割合がはるかに多い。女性に対して気を使ったり、優しくしたりすることで、男も含めて人に対する気づかいを学ぶことができるように思う。女性に対してと同じぐらい、男性にも優しい人が実際にいる。そういう人は優秀な経営者であったりする。多くの人を好きになると、多くの人から好いてもらえるのである。これは古今東西にあてはまる真理ではないだろうか。なにかにつけ人の批判をしている人は、必ず周囲から嫌われている。

 女性も人間だから、あまり区別しすぎてはいけないが、男性とは違った観点を持ってることも事実だ。しかし、それは対話をしてみないと知ることができない。女性だと特に意識して声をかけにくい性格の人も多いと思うが、それは実際損をしている。コミュニケーションの糸口をたくさん持っていることは、成功への条件であり、豊かな人生への大きな助けになると思う。

 男も女も嫉妬深い。もてる男はうらやましいが、なんだあいつは節操がない、などとと思ってしまう。本音は自分もそうなりたいのである。どんどん声をかけて会話を作ることだ。ただし、男性とのコミュニケーションも忘れずに。なかに、女性への態度と男性への態度とが全く違う人物がいる。これはいかがなものか。こういう人は敵が多い。

 

« 人間の評価は自分では決められない | トップページ | 閏二月二九日 中野重治 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間の評価は自分では決められない | トップページ | 閏二月二九日 中野重治 »