« カラス | トップページ | 美人○○ »

2011年6月 6日 (月)

K先生からのハガキ

 高校の時に担任を受け持ってもらって、文字通り大変お世話になったK先生からハガキを頂戴した。先生は長くN中学N高校の教諭を務められ、教頭も十数年務められた。このたび退職されて、R大学に教授職として勤務されるとのことだ。N高校での仕事も少し残しているそうだ。

 K先生は、長野県出身で、東京大学を出ておられる。担任をしていただいた時はまだ卒業して数年目であり、独身だった。家が大変貧乏だったらしく、親戚から疎んじられていたらしいが、東大に入ったとたんに態度が大きく変わったと話してくれた。学生時代は自治会活動に熱心だったようで、先生から聞いた話は私の思想にも大きな影響を与えたように思う。

 残念ながら故あってN高校を卒業できなかった私だが、その後もK先生には何度かお会いする機会があった。先生は学校や生徒のことを話されるときにはいつも楽しそうであり、愛してやまない気持ちが溢れかえっていた。いろいろ苦労もあったに違いないが、充実した教員人生であったろうし、これで仕事が終わったわけではないので、もうひと頑張りしていただきたいと思う。

 幼稚園から始まって、多くの先生方にお世話になってきたが、K先生には一番迷惑もお掛けしたし、お世話になった。このブログを直接見られることはないだろうが、感謝の気持ちをここに書き記しておきたかった。

« カラス | トップページ | 美人○○ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カラス | トップページ | 美人○○ »