« バーナード・マラマッド 『喋る馬』 | トップページ | K先生からのハガキ »

2011年6月 5日 (日)

カラス

 マンションの前に高木の集まった林があり、そこはカラスのねぐらになっている。朝早くから鳴き声が聞こえ、日中にはしばしばその姿を見ることがある。

 カラスの泣き方は、文字で表わすと「カアーカアー」だが、個体によって違いがある。淡白なものもあれば、こぶしを利かしたのもある。今日は、かなりこもった声で鳴きながらベランダの前を数回旋回したカラスがいた。私は興味を持ってそのカラスを見ていたが、ちょうどその時洗濯物を取り込みに近づいていた家内は、気持ち悪いねと言った。

 カラスは古来幸運をもたらす鳥として扱われており、ヤタガラスはサッカー協会のシンボルマークになっている。しかし、真黒な鳥がたくさん群れていると薄気味悪いイメージがあるし、ゴミをあさるなどして人の生活に害をもたらすこともあるから、概して嫌われているのである。

 そんなカラスだが、よく知られているように知能は高い。食べ物を隠したり、石ころなどを道具として使ったりするし、人から見ると「いたずら」と思える行動をとったりもする。そういうことを知っているから、好奇心を持って見てしまうのである。

 会社の同僚から聞いた話だが、自転車をとめて食堂で昼食をとっているうちにかごに入れていたポテトチップスをカラスにさらわれたらしい。それが食べ物だと分かるし、人は食べ物を持って歩いていることを経験的に知っているのだろう。われわれは普段の生活のなかで、まったくその存在を意識せずにいるが、相当数のカラスが生息しており、隙あらばと食べ物を狙っているのである。

 向かいのマンションの屋上でくつろぐカラス

Karasu

« バーナード・マラマッド 『喋る馬』 | トップページ | K先生からのハガキ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バーナード・マラマッド 『喋る馬』 | トップページ | K先生からのハガキ »