« 社会科学と人生論 | トップページ | 時間を奪うゲーム機・ゲームソフト »

2011年5月 7日 (土)

人に聞くのが一番早いが・・・

 仕事でも、日常生活でも、分からないことがあったり、判断に迷ったりすることがある。そういうときは、今やインターネットで調べることが主たる手段になっている。大変便利なことであるが、やはり限界がある。

 言葉の意味を調べたり、場所や交通手段を知るにはもってこいの方法だが、問題解決の方法や生き方の方向選択については人によって内容がまちまちだったり、中身が一般的すぎて当てにならないことが多い。

 困った時に一番助けになるのは、身近な人のアドバイスだ。ところが、意外に相談しない。問題を抱えたまま悩んでいたり、諦めていたりする。なぜだろうか。

 それは、聞くことが恥ずかしいと思っているか、それとも切実に分かろうとしていないかのどちらかではないか。自分が賢いと思っていたら聞けないだろう。偉いと思っていたら聞けないだろう。「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」というが、このことわざには問題がある。聞くのは恥ではない。恥と思う感覚、感性が行動を鈍らせるのである。

 日本には「恥」の文化があるといわれる。そのことに積極的な意味がまったくないわけではないが、デメリットの方が多いと思っている。

 私ができているから書いているのではない。できていないから書くのである。私が書いていることの大半はそういうことなのである。そして、それはほとんどの人にとってもできていないことなのである。そういう意味では、いくらかは役に立つことを書いているように思う。

« 社会科学と人生論 | トップページ | 時間を奪うゲーム機・ゲームソフト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会科学と人生論 | トップページ | 時間を奪うゲーム機・ゲームソフト »