« 感情の表わし方 日本人の傾向について | トップページ | ある企業の社内ニュースより »

2011年5月11日 (水)

肉を切らせて骨を断つ(切る)

 少々物騒な響きがあるが、好きなことわざである。こんな戦法はよほど追いつめられたときにしか使わないものである。自分が有利な時にはあえてリスクをとる必要はない。敗戦濃厚な状況で、相手にどこまで攻めさせるか。この判断は紙一重の微妙さだ。よほど研ぎ澄まされた神経で最後の反攻のタイミングを計る必要がある。これは死を覚悟した者のみが知るクリアな感覚だろう。

 私は戦(いくさ)の研究をしていないので、実際に、この例えに当たるような戦いがどれだけあるか知らない。ほんの身近な事例で挙げるならば、ボクシングのタイトルマッチで沼田義明がロハス戦でとった戦法がある。ダウンを喫して追いつめられた沼田はガードを固めてゴンザレスを誘った。そして相手が打ち疲れたところをアッパーカットで応戦し、仕留めたのである。

 例として出すのは、個人対個人の戦いに限りたい。これが国と国との戦いになれば別の話になる。

 孫子は戦わずして勝つのが最高の勝ち方だと言っている。また、勝つ見込みのない戦はするなと言っている。戦は民と国土を疲弊させるからである。しからば、国の戦においては肉を切らせることは避けなければならない。いくら戦況が不利だからといって、玉砕を選択してはならない。勇気ある撤退、降伏もまた賢明な選択の一つである。

 やはり平和がよい。大義名分のない戦ばかりではないが、戦わずして国益を守る方法をこそ追求すべきだろう。為政者は現実主義者でなければならない。国家の最期に美学を求めようとする者など危なっかしくて仕方がないし、為政者の周りにその手のイデオローグがたむろしているのも恐ろしい。

 私も、こんなことわざを取り上げるのはよそう。私の精神のなかにも終末の美学が入り込んでいるのかもしれない。

 

« 感情の表わし方 日本人の傾向について | トップページ | ある企業の社内ニュースより »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感情の表わし方 日本人の傾向について | トップページ | ある企業の社内ニュースより »