« 少数派への寛容さ へそ曲がりの効用 | トップページ | 加藤周一という存在 »

2011年5月 3日 (火)

黒鷲旗争奪 全日本選抜バレーボール大会

 本格的なバレーボールを観戦するのは初めて。難波の大阪府立体育館で行われている。今日は準々決勝で、男女ともに4試合ずつある。世界バレーはテレビで見ることはあるが、実業団の試合はテレビでも見る機会はほとんどない。

 11時試合開始で、5時まで約6時間の間、男子のコートに近いスタンドで観ていた。ちなみに自由席で、チケットは2千5百円であった。早い時間に入場したのでまだ席に余裕があり、いいポジションから観戦することができた。

 なかなかの迫力である。スパイクは速いし、角度がある。レシーブやトスはさすがに上手い。一番気持ちがいいのはブロックがきれいに決まった時だ。パシーンという感じだ。

 男子ではあまり知った顔は見なかったが、女子のコートでJTの竹下選手が見れた。やはり全日本のセッターだけあって、トス回しは素晴らしく上手いと思った。

2011

Kurowashi02

Takeshita2

« 少数派への寛容さ へそ曲がりの効用 | トップページ | 加藤周一という存在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 少数派への寛容さ へそ曲がりの効用 | トップページ | 加藤周一という存在 »