« 坂口安吾 堕落論 | トップページ | 蛇と芋虫 平井先生の思い出 »

2011年4月10日 (日)

桜咲く 花見は近所で済ます

 二年に一度は万博公園に足を運んで本格的な花見にしているが、今年は散歩がてら近所で済ませることにした。

 まず地方選の投票を済ませて、その足で東淀川駅沿いの桜並木へ向かう。ここはシートを敷くスペースもないから歩きながらの観賞である。数枚写真を撮って、柴島の浄水場方面に向かう。今度はJR沿線ではなく、阪急電車の沿線だ。満開の時期を少し通り過ぎ、散り始めている。崇禅寺駅の近くでは、例年どおりに出店もたくさん出て、シートを敷いて大勢の人が集まっている。例年と比べて人の数が多いのか少ないのか分からないが、ここには自粛ムードはない。大阪の人にはもともと遠慮深さがない。それが大阪庶民のたくましさでもあるのだ。

 焼き鳥を一本買って(大ぶりの肉、300円)歩きながら食べた。結構おいしかった。屋台のおにいさんは貧相ではいけない。ロレックスの時計でもはめてたこ焼きを売っていたら、凄味があるけどね。

Sakura201103

« 坂口安吾 堕落論 | トップページ | 蛇と芋虫 平井先生の思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂口安吾 堕落論 | トップページ | 蛇と芋虫 平井先生の思い出 »