« 花見ぐらいいいじゃないか | トップページ | 生き方を規定する要素とは?(囚われる人々) »

2011年4月 2日 (土)

定例の地震対策会議を終結

 昨日を以って定例化していた地震対策会議を終結し、今後は必要に応じ不定期で開催することになった。

 お得意先の安否確認が終了した。気仙沼のお客さんで津波の被害を受けたところが一軒。3階部分が生き残って、そこで寝泊まりしているらしい。福島のお客さんで、原発の近くにあるため営業が不能になっているところが一軒ある。この二軒が大きな被害を受けた先であった。他では、ある販売店の従業員で亡くなった方が一人いた。謹んでご冥福をお祈りしたい。
 これ以外のお客さんでも社屋が傷み、その修復や片づけに追われていたが、やっとそれも落ち着き、来週から仕事ができるようになる先が多いようである。注文を取り、配達が始まる。燃料も中旬になれば不足が回収するとの情報があり、流通が活発になっていくだろう。

 仙台市と石巻市には救援物資を送った。これは市の要請に基づいて進められた。こちらから勝手に持っていくわけにはいかないのだ。不要なものがたくさん集積すると収拾がつかなくなるからに違いないが、もっと早くニーズをくみ上げられたら速やかに届けることができたのにと悔やまれる。

 工場の方は、設備の補修と細部の点検がほぼ完了した。原料の調達にも目処が立ってきたし、物流も回復してきている。注文が順調に入りさえすれば、フルに稼働できる。問題は停電である。電力不足による操業時間の短縮分は時間外に補てんせざるをえないし、それでも無理のある部分は西の工場で補う必要がある。それでも他の企業よりは随分ましであろう。

 復興に向けて、生産と流通の活性化を期待したい。復興需要を盛り上げて、個人消費にまでつながってくれたらありがたい。

« 花見ぐらいいいじゃないか | トップページ | 生き方を規定する要素とは?(囚われる人々) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花見ぐらいいいじゃないか | トップページ | 生き方を規定する要素とは?(囚われる人々) »