« どう生きるべきか問うているか | トップページ | 行為(発言)の客観的な意味 知識人の責任について »

2011年4月 3日 (日)

Canon PowerShot SX210

 昨年末に液晶テレビを買ったときもらったエコポイントで商品券を入手し、それを利用してデジカメを購入した。

 梅田の大型電気店で探し回り、CanonかNikonのいずれかの機種にしようというところまで絞った。Canonの方がいいかなと思いつつ、メーカーから応援に来ている販売員さんに声をかけた。この機種はどうでしょう?すると、これは2番目にお勧めですという。自分が買うなら、隣に置いてある上位機種が一番だが、その次はこれがいいらしい。性能としては、1400万画素で14倍ズーム。ズーム重視ならこれが一番でしょうと言う。
 私はスポーツ観戦するのでズームの能力は高い方がよい。お値段は昨年春発売の機種なので随分落ちていて2万円ちょっとである。けっきょく、この機種に決めた。

 Nikonと比べてどうですかと聞いたのだが、NikonさんのデジカメはOEM生産で、自社では作っていないんですとのこと。Canonはすべて自社生産で、レンズの性能がよく、画面が明るいのだという。こういう情報は電気店の店員さんからは聞けない。

 人によって好みが違うので、軽い方がよい、小さい方がよいというなら別の選択肢があるし、デザイン重視の場合は文字通り好みの問題になる。どれがいいとは一概には言えないので、結局は自分の基準で買ったものが一番と考えればいいのである。

 帰ってきて、さっそく室内を写したが、これまでの古いカメラと違ってすこぶる明るく写っていたのだった。

Power_shot

« どう生きるべきか問うているか | トップページ | 行為(発言)の客観的な意味 知識人の責任について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どう生きるべきか問うているか | トップページ | 行為(発言)の客観的な意味 知識人の責任について »