« 東日本巨大地震を体感し、茨城から帰る  | トップページ | 2011年難関国立大入試結果寸評 »

2011年3月13日 (日)

映像で見る巨大地震の爪痕から

 マスコミの映像に加えて、住民の撮った動画がテレビに流れだした。特に大津波によって地域社会が一気に破壊されていく光景が映し出された時には、文字通り絶句するしかなかった。自衛隊のヘリから津波の動きがリアルタイムで放映された時にもこれまでに感じたことのない興奮を覚えたが、水平方向からの映像はそれ以上の恐怖を感じさせずにはおかない。

 津波が目前に迫っているのに気がつかないのか立ち止っている住民がいる。また、同じ状況の中でウインカーを付けて左折している自動車があった。
 高台で、飲み込まれる家々を眺める住民がいた。顔を覆う者、手を合わせる者、泣き声を上げるもの。さまざまだが、全体としては静かである。敢えて言えばあまりに静かである。言葉も出ないという状況かもしれないが、別の国では叫び声や大泣きする声が聞こえそうな気がする。

 なにか、絶望的な状況をも受け入れてしまうような諦念が文化としてあるのだろうか。それはともかく、日本人はいつまでも悲嘆にくれず、すぐに再生に乗りだす。過去を引きずることなく、きわめて現実的に生き始める。ここに教訓を活かせない弱みもある。歴史的に考えることは苦手で、自分の生活スケールでしか考えることができない傾向がある。しかし、ここには力強い面もある。悲嘆にくれず、消滅した集落を再生しなければならない。集団で移住するという考えもあろうが、それもまたできないのが日本人である。

 流木を一本ずつ拾い片づける高齢住民の姿が目に浮かぶが、この際重機などを使って一気に整地して計画的な再生を目指したらどうだろうか。土地の権利関係どうのこうのと言う事態では最早なかろう。千年に一度の災害ならば、一千年を経て日本人も変わらなければならないのではないか。

 今回の津波は想像を超えていた。住民には大丈夫だという思いが根強くあった。経験的に狭い入り江は危ないが、そうでなければ来ないという見方が代々受け継がれている。私の実家も海の近くにあるが、直線的な海岸であり、台風への対策として築かれた防波堤があるので少々高い波でも防げると信じている。ところが、今回の映像を見ても分かるように津波とは言え、実体は波ではない。巨大な水の塊である。押し寄せる海水の量とそれが持っているエネルギーは凄まじい。それはやすやすと障害物を乗り越える。

 最早、後悔しても始まらない。こういうことがありうるのだということを知った。国家の持てる力をスピードを上げて注入し、復興をはかろう。危機管理の意識は住民レベルでも高まるに違いない。それはいいことだ。地球という天体の活動を制御することは不可能なのであり、動きを観察することで予測を立て、必要な対策を講ずることしかないのだ。前向きで、合理的な精神をベースに持って、しっかりと生きていくしかないのだ。

 (別の話だが、これで菅政権が救われた面がある。政権が抱える問題がなくなるわけでは全くないが、しばらく国民の関心は地震と津波の被害とそこからの復興に集中する。そこでの政府の活動も注視する。会見での首相と官房長官の話の内容と態度は比較的まともであった。危機が人を気丈にさせる部分があるのだろう、原稿を見ずしっかりとした口調で語っていた。これで野党の存在が見えにくくなる。政府を攻撃しづらくなるのだ。一時的に内閣支持率は上昇するに違いない。)

« 東日本巨大地震を体感し、茨城から帰る  | トップページ | 2011年難関国立大入試結果寸評 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東日本巨大地震を体感し、茨城から帰る  | トップページ | 2011年難関国立大入試結果寸評 »