« 避難所で感染症の危険増す アルコール消毒液有効 | トップページ | 火事場泥棒 »

2011年3月19日 (土)

買占め・買いだめ

 水曜日に急用で東京に出張した。地震の影響か、やや乗客の数が少ないように思った。それ以上に印象的だったのは、トイレットペーパーとティッシュペーパーがスーパーの袋に入れられて網棚に置かれていることだった。自宅用なのか知人へのお土産なのか分からないが、生活用品の不足が首都圏で発生しているので大阪から届けようとしているのである。

 値上げ前の特需というものはよく発生するが、商品の供給不足を見込んでの買いだめ行為が広範囲に起こるのは十年に一度ぐらいだろうか。私の記憶では、前回は低温と日照不足による米の凶作があった年だ。店頭に米が積まれたらすぐに売り切れていたように思う。もっとも、米の場合は急に増産はきかないので、生活防衛として買おうとする心理はよくわかる。その後はタイ米が入ってきて、ひもじい思いは免れたのだった。
 今回も米が手に入りにくい状況が一部地域にあるが、これは物流への不安から来ているので、回復はそう遠くなく、心配はいらない。逆に、買いすぎで米の味が落ちることを心配する。今年の作付も気になるが、秋田や山形などの産地には被害が少なかったし、岩手や宮城も内陸は大丈夫だろう。ただし、福島は原発の影響が相当ありそうだ。農業だけではなくあらゆる経済活動が停止する危険が大である。

 私が小学生のころに石油パニックがあった。洗剤やトイレットペーパーが小売店からなくなった。大変な貴重品となり、お土産に衣料用粉末洗剤を持っていった記憶がある。おそるべき混乱が起こったが、あとで「売り惜しみ」が原因の一つであったことが分かり断罪された。商品自体はさほど不足してはいなかったのである。流通段階で流れを止めてしまうと店頭で欠品が起こり、次の入荷は未定などと書かれると一気に不安を掻き立てられる。商品の供給責任という商売上の原則は外してはならないと思う。

 東京に家族を残して単身赴任をしている同僚は、この休みに帰るに際し、米を買って持っていった。店に米が無いのだそうだ。しかし、しばらくの間であろう。
 わが家では、トイレットパーパーやカップラーメンの在庫は豊富だ。地震で買いだめしたのではない。安い時にまとめ買いをするので普段から物が多いのである。

« 避難所で感染症の危険増す アルコール消毒液有効 | トップページ | 火事場泥棒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 避難所で感染症の危険増す アルコール消毒液有効 | トップページ | 火事場泥棒 »