« 大相撲改革論(2008年9月6日の記事を再掲載) | トップページ | 団結ほど怖いものはない »

2011年2月 5日 (土)

ひと工夫必要な「すなおや」東三国店

 食べるものがおいしい、特に魚類が。淀川区に5店舗を持つ居酒屋チェーンの「すなおや」へときどき家族で出かける。今晩は東三国店へ。

 店内はほぼ満席。ここはいつでも客が多い。今日はいつもと違って不満を感じた。注文したものがなかなか来ないのである。特に終わりに頼んだ寿司類は30分以上、おそらく40分近くかかっている。途中で待たせているのが気になってかお茶を持ってきた。

 結論を簡単に言うと、客の数が料理提供のキャパシティーを超えているのだ。料理人が少ないのか、厨房が狭いのか。そこが解決しないのであれば、席数を減らすべきだ。お客に不便をかけていてはサービス業の名がすたる。

 最後は、頼んだ手羽先が出ないうちに勘定してもらい出てきた。どうも手羽先は通ってさえいなかったようだ。お待たせして申し訳ありませんでしたと謝ってくれた。こういう点は店名にあるように素直なのだが、店舗の運営は素直だからできるものではなく、計算が必要である。段取り上手、やりくり上手が求められる。時間との勝負である。

« 大相撲改革論(2008年9月6日の記事を再掲載) | トップページ | 団結ほど怖いものはない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大相撲改革論(2008年9月6日の記事を再掲載) | トップページ | 団結ほど怖いものはない »