« NHK大阪放送局で番組の収録に立ち会う | トップページ | デカワンコ(Hさんに送ったメールより) »

2011年2月22日 (火)

野村と落合の対談より

 ほんの少しの時間であるが野村克也と落合博満との対談をテレビ番組で観ることができた。最初から観ておればもっと面白い話が聴けたのだが、私が聴けたのはごく一部である。

 野村といえば、南海、ヤクルト、阪神、楽天と長年監督を務めた超ベテラン監督である。落合はそれに比べると経験は浅いが監督としては8年目であり、それだけ取り上げたらもうベテランの域に入ってくる。両者ともに日本の球界を代表する長距離ヒッターであり、ただやみくもに振り回すのではなく、配給を読むなど頭を使ったプレーで独自の道を切り開いた選手である。

 それだけに監督としての采配の経験においても独自のやり方があり、その考え方が一部であっても聞けると大変ためになる。
 落合いわく、「プロ野球の練習時間を短くしたのは野村さんでしょう。考える野球をやるようになって練習も合理的なやり方になった。」野村から中日の練習は12球団で一番長いと言われたことへの返答である。落合は昔のやり方をするのだと言い切る。考える前に体を動かして覚えるのだという。それでも覚えるのに最近の子は時間がかかる。8年やってきて、やっと監督が何を考えているか分かってきたようだと話している。特に最近の子は、まずコーチや監督が悪いと考えてしまう。自分が悪いと考えられるように教育するのに時間がかかるとも言っていた。

 これらのことは会社という組織の運営においてもほぼ同じように考えてよい。時間がかかるのである。だからこそ長い時間をかけて量を追求しないとだめなのだという落合の言には説得力がある。

« NHK大阪放送局で番組の収録に立ち会う | トップページ | デカワンコ(Hさんに送ったメールより) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK大阪放送局で番組の収録に立ち会う | トップページ | デカワンコ(Hさんに送ったメールより) »