« 負債を抱えること | トップページ | 年賀状について »

2011年1月 8日 (土)

小吉 おみくじ

 たまに神社でおみくじを引くことがあるが、あれは概していい加減なものなのであてにしてはいけない。もっとも、あれを信じて生活の指針にしている人は滅多にいないだろう。読んだあと、木の枝に結んでしまえば何が書いてあったかもすぐに忘れてしまう。

 今年は新宮の速玉神社でおみくじを引いて、中吉だった。そこには、自己主張せず自然体で暮らせば順調であると書かれていた。しかし、仕事の中では自己主張も必要だ。そのうえで協調することも考えなくてはならない。
 また、病気は急がず気長に対処すれば治ると書いてあった。続けて、心配ならば名医に見せるべしとある。そりゃ名医に見せるに越したことはない。ただ、名医がどこにいるのか誰にでも分かるわけではないし、治療費が嵩む場合もあろう。

 もともとが根拠のないくじなのだから、それをあまり真面目に考えるべきではない。大体が遊び心で引くものなのだから。

« 負債を抱えること | トップページ | 年賀状について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 負債を抱えること | トップページ | 年賀状について »