« 性犯罪前歴者にGPS | トップページ | 空をながめる »

2011年1月29日 (土)

物の整理整頓は過去の整理整頓

 ここ数週間、休みの日に部屋のなかにある物を整理整頓していた。主に本棚にある物と引き出しの中の物である。

 雑誌の類には捨てるものがたくさんあった。興味深い特集記事のあるものだけを残し、あとは廃品回収に出した。本は捨てるものがない。なかには買って損をしたと思うものもあるが、それでも捨てるには忍びない。
 それから新聞記事の切り抜き。これも現実には利用価値のないものが多いが、遺産として保管しておきたい。その時の関心事が何であったかよくわかる。政治では拉致問題に関するもの、社会問題では格差の問題が多く残されている。

 引き出しのなかには捨てるものが多い。保険会社やカード会社から来た郵便物は中身を見ずにひとまず突っ込んでいるが、あとから見ればなおさら不要なものになってしまう。こういうものはさっと目を通して即廃棄するのがよろしいようだ。また、使用期限を過ぎた大衆薬だとか、古い預金通帳とか、税金を振り込んだ控えなどがいっぱい出てきて、まとめてゴミ袋に放り込んだ。

 なかには大事なものが出てくる。息子の幼いころの写真、通知表、塾の成績表などなど。これらはクリアファイルを買ってきて人別にまとめた。3人分のファイルができあがった。
 手紙、はがきにも大事なものがある。結婚前に家内からもらった手紙、学生時代によく利用したスナックのママさんからの手紙は貴重品である。それから、大学時代に無理やりお願いして単位を与えてもらったドイツ語の先生にお礼にとみかんを送ったが、それへの奥さんからの礼状が残っていた。また、学生時代に住んでいたアパートの家主さんからの年賀状があった。
 古い年賀状は思い切って捨てたが、今考えると残念ながら亡くなった先生方から頂いたものは一通ずつ残しておけばよかった。見返すこともなかろうが、惜しい気がする。

 片づけたおかげで、何がどこにあるのか分かるようになった。それから土産で買ってきた置物がすっきり置けるようになった。大事にしている向陽高校の藤田君のサインボールが、川上憲伸のボールから離して独立して置けるようになった。

 

« 性犯罪前歴者にGPS | トップページ | 空をながめる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 性犯罪前歴者にGPS | トップページ | 空をながめる »