« 弱いものが勝つ方法 序説 | トップページ | 優勝おめでとう中日ドラゴンズ »

2010年10月 3日 (日)

早稲田が東大に敗れる

 たまにあることだ。東大だって勝つ時がある。時習館高校出身の1年生投手鈴木が好投し、打線も相手が不調だったとはいえ、斉藤・大石から4点を奪った。京大も同じだが、たまに投手が好投しても点が取れない。打線の弱さがネックになっている。ドラフトで指名されるであろう二人から4点取るのは奇跡的である。

 私が現役の学生だったころ、東大には弱いと言われていた。戦績を見ると決してそういうことはないのだが、偏差値コンプレックスがあったからだろうか、一般の学生の間でささやかれていた。野球部の選手にはあまり関係ないように思うのだが。実際には、絶対に落とせない試合だという意識がプレーに硬さを呼んだのかもしれない。

  私としては母校の早稲田に頑張ってもらいたい。確実に勝ち点をとり、立教戦は確実に戦い、最後の早慶戦に勝てば優勝だ。確率的に東大に連敗することはまずない。よほど硬くならない限り。

 (東大の野球部の登録選手リストを見ると、さすがに理科Ⅲ類(もしくは医学部)の学生は少ない。3人いるが、すべて灘高校出身というのも面白い。)

 

« 弱いものが勝つ方法 序説 | トップページ | 優勝おめでとう中日ドラゴンズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弱いものが勝つ方法 序説 | トップページ | 優勝おめでとう中日ドラゴンズ »