« 管理職の研修に関して | トップページ | 天気予報がよく当たるのだが・・・ »

2010年10月 8日 (金)

デューク・エイセス 筑波山麓合唱団 

 愉快な歌があった。蛙の鳴き方を真似してケロケロ歌ったり踊ったりする。コミカルな歌だが、コーラスがしっかりしているから安っぽい感じが全然しない。

 永六輔、中村八大コンビの日本の歌シリーズの一つである。どの歌を聞いても大人の歌だという気がする。ケロケロの歌もその表現が幼稚ではないのだ。これはどういうわけだろうか。大衆の生活感覚からは少し離れたところで、都会的な洗練された感覚が表現されている。それは高度成長とともに高学歴化し、一時的に増えた知識人層(そののちまた壊滅するが)にも受け入れられやすい詩であり曲調だったのだろう。当時の知識人は左翼的でありジャズを好んで聞いたが、デュークはジャズを得意にしていたのでちょうど上手くマッチしたのである。

 ケロケロケッケッケッケ・・・・・蛙も未来を楽観視していた時代

« 管理職の研修に関して | トップページ | 天気予報がよく当たるのだが・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 管理職の研修に関して | トップページ | 天気予報がよく当たるのだが・・・ »