« むぎわら帽子と野を渡る風 | トップページ | チリの落盤事故から »

2010年10月28日 (木)

志水辰夫 「行きずりの街」

 日本冒険小説協会大賞を受賞した作品である。この人の作風が私には合わないらしい。舗装の甘い道路を歩いているようでスムーズに足が進まない。表現がざらざらしていて、流れを悪くしているように思えるのだ。
 冒険小説ということもあるのだろうか。暴力シーン、格闘シーンが組み込まれている。露骨に悪い人物の登場もある。そういう荒々しさを受け入れることを基本的に拒んでいるのかもしれない。あるいはスピード感を出すためか、文章を短く切った表現が目立っているが、そこに性急さを感じたのかもしれない。

 そう思うと、冒険小説というジャンルそのものが自分に合わないのかとも思える。そういえば、桐野夏生さんの「顔に降りかかる雨」を読んだ時も違和感を覚えた。これは江戸川乱歩賞を受けた作品だが、ハードボイルドタッチだ。私の推理小説の系譜は、子供のころの江戸川乱歩に始まり、松本清張、佐野洋、東野圭吾と移ってきた。今でも清張の本には興味があるが、それ以外は特定の作家を集中的に読むことがなくなった。清張にはおどろおどろしい内容があるが、殴り合う場面などはあまり見かけない。それでも恐怖感を覚えるのは人間が社会的に堕ちていく姿があるからだろう。人への恐怖ではなく、社会への恐怖である。

 スナックの女の子が、自分は東野圭吾は好きじゃないと言っていた。もっと重たいのがいいという。確かに東野は読みやすいが、重くはないかもしれない。重たいだけなら、どうしようもなく重たい文学はたくさんあるが、それはその子にはちょっと無理だと思ったので勧めなかった。文学にも好き嫌いの要素が大きく影響するのである。

« むぎわら帽子と野を渡る風 | トップページ | チリの落盤事故から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« むぎわら帽子と野を渡る風 | トップページ | チリの落盤事故から »