« 進化について | トップページ | 自己啓発本なんか読むな »

2010年10月15日 (金)

ショパン バラード No.1

 浅田真央がこの曲を使って演技をしていた。落ち着いた曲なので、彼女を大人っぽく見せる演出になっている。実際は9分余りかかる曲なのだが、三分の一近くに編集している。

 さて、誰が弾いているのだろうかと思いながら聴いた。ホロヴィッツの音色に似ているように思ったが、実はルービンシュタインだった。曲を通して聴くと違いが分かりやすいが、部分だけだと素人には聴き分けにくい。ある日、ホロヴィッツと他の少しランクの落ちるピアニストの演奏とを比べていて、差の大きさを感じた。それは弾き方もそうだし、音色の違いもある。素人的な表現かもしれないが、流れるように弾いているのである。たとえば、キーシンとの比較だが、彼は最初に聴き始めたので愛着があるのだが、ホロヴィッツと比べると突っかかる感じがしてよくない。流れないのである。
 それに対してルービンシュタインはさすがに上手い。上手いからホロヴィッツの演奏との違いが表現しにくいし、優劣もつけがたい。ポリーニにしても同じだ。が、それでもあえて違いを表現してみると、ホロヴィッツはルービンシュタイン、ポリーニに比べて、大胆さがある。奔放さと言った方がぴったりくるかもしれない。踊るようで、鍵盤が自分で音を出しているような気がしてくる。どちらの弾き方が正当かというような評価は私にはできないが、好みで言えば、この曲はホロヴィッツが一番だ。

 (のちに、saitouさんから、奏者はルービンシュタインではなくマルク・ラフォレだと指摘がありました。)

« 進化について | トップページ | 自己啓発本なんか読むな »

コメント

コメントありがとうございます。ピアノは聴き始めたばかりの素人です。マルク・ラフォレという人も知りませんでした。同じ曲でも奏者によって随分聞こえ方が違うものだと感じています。まだ聴き分けはできませんが。

こんばんは。
検索するとたしかにルービンシュタインではないかとの情報がありますが、
ファンの推測の可能性があります。
現に、彼女が使用した曲が収録されているCDにはルービンシュタインの演奏は入っていません。
過去3枚ほど出していますが、すべて使用した音源が収録されていました。
マルク・ラフォレという方の演奏だそうです。
https://shop.emimusic.jp/detail/TOCE-56330.html
まだ未発売なので、実際聞いてみないとなんともいえないですが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 進化について | トップページ | 自己啓発本なんか読むな »