« 自己啓発本なんか読むな | トップページ | 大勢を追いかけるな »

2010年10月17日 (日)

2年ぶりの東京6大学野球観戦 佑ちゃん不調

 10月16日朝、宿泊していたホテルを出て、京急平和島駅から神宮球場に向かう。神宮は2年ぶりである。今日の目当ては早稲田対立教の試合。早稲田は4順目で、すでに勝ち点3を上げており、残る立教、慶応を連破すれば完全優勝となる。
 到着すると第一試合の明治対慶応の試合が3回まで進んでいた。慶応は春に優勝しているが、今季は調子がよくない。相手が野村(広陵高校出身で、甲子園での佐賀北との決勝戦が記憶に残る。)だったこともあってこの日も打線が湿っていた。またエースの竹内もいいイニングと悪いイニングとの落差があって、集中打を浴びていた。

 さて早立戦だが、斉藤佑樹が先発。ブルペンでの投球で制球を欠いているように見えたが、本番でも乱れた。3点を失い、大石に後を任せることになる。球速は140km程度で安定していて、それはよいが、この日に限ってのことかもしれないが明治の野村の方が切れがよかった。大石は球速があり、150kmのまっすぐもあったが、細かい制球力はなさそうだった。二人ともドラフト1位指名が確実視されているが、それでも粗が見えたので、完璧な選手はいないものだと思った。
 この日二人の球を受けたのは佐賀北出身の市丸。小柄だがインサイドワークの良さが買われているのだろう。目立った選手のいないチームが甲子園で勝ちあがったのには彼の存在も大きかったわけだ。

 試合を見ながら学生時代のチームのことを思い出したが、岡田などホームランを打てるバッターがいた。他のチームにもスラッガーがいた。今は、各チームとも投手力が目立ち、打線は小粒になってしまった。

« 自己啓発本なんか読むな | トップページ | 大勢を追いかけるな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己啓発本なんか読むな | トップページ | 大勢を追いかけるな »