« ペンネームとブログタイトルを再度変更 | トップページ | 大河ドラマについて »

2010年9月 2日 (木)

民主党代表選のドタバタ

 結局代表戦が行われることになったが、国民の目は冷ややかなようだ。天野祐吉のコメントが日経新聞に載っており、「国民の声は届かない。もう勝手にしたらという感じだ。」とあった。
 彼らはもともと勝手にやっているのである。彼らにもポリシーはあるのだろうが、その中身は想像するに、しっかりした国家と社会の構想および政治哲学を土台として持たない、断片的な政策の継ぎはぎではないだろうか。(二人ともに著作を持っているが、私は読んだことがない。)そういう次元で論争しているから何が違うのかはっきり見えないし、見えなくて当然なのである。結局は、代表の座に就くことが目的となり、権力闘争という範疇から抜け出せない。本人がそれを望んでいるかどうかは別にして、そういう論理から抜け出せないのが日本の政治実態である。

 民主党に期待し、二人のうちのどちらかに期待を寄せている国民もまだ一定の割合いる。世論調査でも数字が出ている。私は、勝手にやっている彼らに期待は出来ない。彼らは期待をする対象ではなく、もはや政治の世界から排斥する対象である。(イエローカード?)政治そのものに絶望はしていないが、差す光は薄い。

« ペンネームとブログタイトルを再度変更 | トップページ | 大河ドラマについて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペンネームとブログタイトルを再度変更 | トップページ | 大河ドラマについて »