« ふたたび富の移転について | トップページ | 夏休みの文学論 私が影響を受けた小説 »

2010年7月24日 (土)

桐蔭、向陽が勝利 和歌山大会で伝統校がそろって準決勝へ

 両校とも素晴らしい試合運びで勝利し、明後日の準決勝で対戦することになった。二試合ともに接戦だったが、主戦投手が粘り強い投球でまとまった得点を許さなかった。また、二試合ともに8回に追加点をあげ、9回の反撃ムードを断ったことが勝利の要因となった。紀三井寺には多くのファンが応援に駆け付けたが、そのなかにはKGセミナーの山下先生がいた。山下先生は桐蔭OBであり、現役時代は投手として活躍した。またKGセミナーの教え子には向陽の今や全国的に名前の知れた藤田投手がいる。両校の対戦が決まり、複雑な心境であろうが、「夢の対戦」とのコメントをいただいた。
 勝敗の行方はどうなろうとも、伝統の公立校ならではの清々しいプレーを期待したい。そして勝った方は決勝で勝利し、甲子園に行っていただきたい。

 個人的に・・・向陽の藤田君頑張れ!

« ふたたび富の移転について | トップページ | 夏休みの文学論 私が影響を受けた小説 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたたび富の移転について | トップページ | 夏休みの文学論 私が影響を受けた小説 »