« 定数減は本当に必要か | トップページ | おふくろ食堂のこと »

2010年7月10日 (土)

強みは弱みに転化する

  個人を考える場合でも、組織を考える場合でも、その強みと弱みを理解しておくことが大事だ。当然のことながら、弱みを自覚しながら強みを活かして行動することで成長を勝ち取ることができる。強み弱みの分析において、普通は強みと弱みは別の要素として区別して考えている。しかし、よく考えていると強みがそのまま弱みであることがある。
 自分の勤める会社のことはあまりあからさまに書けないので残念だが、他社が持っていない要素があって、それが安定した販売量を確保する武器になっているのだが、同時にそれが固定的なコストとして存在している。コストではあってもバッサリ切れないから弱みにもなってしまうのである。
 個人でも同じ。長所は同時に短所にもなり得る。例えば、器用で何事も一定のレベルで仕上げることは一つの才能であるが、便利屋として重宝されて大成出来ない可能性がある。誰にでも話しかけられることは稀な才能であるが、特定の人間との深い関係の構築を阻害するかもしれない。営業にとって饒舌な性格は武器であるが、かえって信用されない恐れもある。
 しかし、逆に考えてみればよい。すなわち、弱みが強みになることもあるのだ。無口な人間の一言は、饒舌な人間の一言よりも重い。不器用であれば、何かにエネルギーを集中する覚悟ができるかもしれない。何が幸いするかもしれないし、何が災いするかもしれない。社会には、あるいは人生には不確定な要素が強いのである。考え方次第で行動が変わり、行動次第で結果が変わるのである。悲観することはない。

« 定数減は本当に必要か | トップページ | おふくろ食堂のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 定数減は本当に必要か | トップページ | おふくろ食堂のこと »