« 「夜を守る」 石田衣良 | トップページ | 高校野球夏の大会 大阪府予選を観戦 »

2010年7月18日 (日)

出張記 札幌~仙台

 大阪~札幌~仙台~大阪という順に出張してきた。千歳に下りると気温が17度で寒いぐらいだった。市内のホテルに泊まり、近くのチェーン店化していない地元の居酒屋で食事をしたが、おいしかった。生ビール2杯とおまかせ料理5品で2千5百円であった。刺身がおいしい。マグロとサーモンがメインだが、大阪で食べるものとは全然違う。焼き鳥が3本ついたが、これもおいしい。肉の素材がいいし、使っている塩が上質のものである。もつ煮込みが付いたが、使っている味噌が違う。薄味だ。そして、ごぼうが旨い。他の料理に使われていた野菜類もそれぞれ野菜の旨みを感じた。総じて、素材の新しさを感じ、大変満足したのだった。
 仕事を終えて仙台に移動。駅周辺の居酒屋を探した。9時過ぎという時間もあるのだろうが、入口をくぐっても店員が出て来ない。そこはやめて次の店に行っても同じだ。やっと3軒目で席に案内される。あとで聞くと、東京や大阪と違って店じまいが早いらしい。さて、入った店は他の地でも見たことのあるチェーン店。居酒屋のなかでは上品な方だ。ここでもいろいろなメニューを試してみたが、札幌とは違った。場所の違いとチェーン店であることの要因があるのだろう。焼き鳥はうまくないし、からあげは甘ったるくて肉の味がしない。総じて、大阪で食べるものと変わりがなかった。
 仙台では、帰りの飛行機が遅かったので時間に余裕があり、青葉城に行ってきた。2度目だが、焼けてしまって建築物はない。周遊バスに乗って駅に向かったが、周りに東北大学のキャンパスがあってその広大さに驚いた。世間から隔絶した感があり、学問やスポーツをするにはよい環境である。旧帝大系の国立大学は皆同じように恵まれている。予算が多く配分されてきたことの証しだが、学んでいる本人たちにとっては当たり前のことなのだろう。

 満席の飛行機で帰阪。仙台は小雨程度だったが、大阪は大雨だったらしい。ところ変われば、天気も違うし、食べ物の味も違うし、文化も違う。

« 「夜を守る」 石田衣良 | トップページ | 高校野球夏の大会 大阪府予選を観戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夜を守る」 石田衣良 | トップページ | 高校野球夏の大会 大阪府予選を観戦 »