« おふくろ食堂のこと | トップページ | 久しぶりにカラオケボックスへ »

2010年7月11日 (日)

やはり普天間は忘れ去られてしまった

 選挙速報は早々に見るのをやめてしまった。票が開く前からおおよその結果が分かってしまうので面白くなくなってしまった。民主党が退潮したとはいえ、大半の議席は民主と自民が取ってしまい、民主の減った部分がみんなの党に流れた格好だ。結果からみれば、普天間の問題はなんら反映されなかったと言える。
 普天間に一番熱心に見えた社民党は伸びず、共産党も同様だった。政権を取るとらないは別にして、前政権と現政権への強烈な批判票としての選択はありえたのだが、そうはなっていない。私は、今回の国民の選択を「叱責」できるほど偉くはないし、実際に影響力も持たない。こうやってブログで吠えてみるぐらいのことしかできない。

 沖縄県民の苦痛を和らげるために、少しぐらい自分の暮し向きが悪くなっても、敢えてそれを忍従しようという覚悟は日本国民にありえないのか。そういうのを本物の民族精神というのではないのか。日本に魯迅はいないのか。

« おふくろ食堂のこと | トップページ | 久しぶりにカラオケボックスへ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おふくろ食堂のこと | トップページ | 久しぶりにカラオケボックスへ »