« 死を身近に感じた時代  | トップページ | 「市場」に見出す積極的な機能 »

2010年5月28日 (金)

久々に憤りを覚えた辺野古移設案への回帰

 もうこうなっては、開いた口がふさがらないどころか、憤りで歯ぎしりが収まらない状態だ。こんな節操のない、信念のかけらもない首相は稀であろう。保守なら保守で、もっとましな政治家もいた。気まぐれな人物に責任ある地位を与えてはならない。口先だけで政治をやってもらうと困るのだ。社民党を決して支持するわけではないが、政権にこだわって沖縄を捨てることをしなかった福島瑞穂には、拍手を送りたい。
 政治は、特に国の政治は少数の意見を捨てざるをえない場面に直面する。それが政治の論理であることも立場を変えれば分からぬことではない。しかし、今の沖縄の問題は少数の問題では決してないし、形勢から言えば臨界点を超えてしまったと言えるのではないか。今後予想されるのは、明らかに鳩山政権の崩壊であるし、民主党の弱体化である。次の選挙では、経済政策とともに沖縄問題への対応も問われざるをえない。
 この先どうなるか分からないが、鳩山政権の迷走ぶりが日本の政治の現実を国民の眼前にさらしたのは大きな功績であったろう。しかし、ただそれだけのことだった。経済は回復するどころかさらに悪化しているように見える。国民総引きこもり状態だが、決して混乱は望まないものの何らかの変動なしには前に進まない状況であることは確かなようだ。

« 死を身近に感じた時代  | トップページ | 「市場」に見出す積極的な機能 »