« インセンティブは必要か  | トップページ | 「心を病む人」を出さないための共生の思想 »

2010年5月22日 (土)

はじめての横浜散策 

 本日、大学のサークル仲間であった友人のA君と彼の奥さんとで横浜に遊んだ。学生時代は東京に住んだが横浜に遊びに行くような機会はなく、就職してからも横浜は東京へ行く時に通り過ぎる町だった。
 今回は前からA君と会う約束になっていたので、彼が横浜の近くに住んでいることもあり、学生時代から知っている奥さんも誘って遊ぶことにした。まずは山手を歩く。教会があり、外人墓地があり、女学校がある。教会ではなかに入り雰囲気を味わう。今日は暑かったので、内部は涼しく気持ちがよい。女学校は、有名なフェリスや横浜雙葉があった。午後だったので、硬式テニス部が練習をしておりボールを打つ音がした。しかしコートは垣根で厳重に囲ってあって女学生の姿は見えなかった。
 坂を下って港に向かう。結構人出がある。雰囲気は神戸の街に似ている。アイスクリームを食べて中華街へ。神戸の中華街よりもずっと規模が大きい。遅い食事をとる。A君はいわゆる独法に勤務しているので、民主党政権による仕分けについて愚痴を聞いた。税金の無駄遣いについては彼も認めるところである。

 今回は出張に乗じて機会を創ったが、旧交を深めることには少なからず効用がありそうだ。私だけではなく、相手にとっても。

« インセンティブは必要か  | トップページ | 「心を病む人」を出さないための共生の思想 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インセンティブは必要か  | トップページ | 「心を病む人」を出さないための共生の思想 »