« 売り手と買い手のかけあい 行商の記憶 | トップページ | 大阪を感じさせる漫才 »

2010年4月 6日 (火)

ブログ公開のスキル向上

 ブログを書き始めて3年あまり経つ。当初は、兎に角書くことが目標だった。記事の中身にはこだわらず、毎日1件ずつ書くことにしていた。しかし、それはいつまでも続かない。会社勤めをしていると残業で遅くなる日もあるし、飲み会もあれば出張もある。続いて休日にまとめて書くようになる。それでも1週間分は書けないから、土曜に2件、日曜に2件程度の配分になっていった。
 数から言えば、そのように変化してきたが、質的には随分進歩したように思う。継続は力なりという表現が適切であろう。話題はできるだけ重複しないようにしているが、それでも表題が違っていても同じテーマで書いていることがある。そんなケースでは、前回より肉付けされ同時に贅肉は削り取られてまとまりも良くなっている。
 さて、最近ではブログの書き方や公開の仕方で新しいスキルを身に付けた。それは機能として元々備わっていたものだが、これまでは特に必要としなかった。まずは下書き機能。一つずつ仕上げて、即公開するやり方一辺倒だったが、思い付いた時に途中まで書き、「下書き」として保存しておく。そして時間ができた時に仕上げるのだ。場合によってはタイトルだけ保存する場合もある。
 次は公開日時の指定だ。これを使えば、土日に書きだめしておいて、毎日1件ずつ自動的に公開することができるのだ。そうすると受け取る側は、文字通り日記として毎日こまめに書いているように見える。もちろん、即刻オープンにしないと値打ちのない記事もあるのだが、一般的な内容ならいつ出してもOKだ。最近では、このような機能を使って記事を先の日付までプールすることができるようになったのである。

« 売り手と買い手のかけあい 行商の記憶 | トップページ | 大阪を感じさせる漫才 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 売り手と買い手のかけあい 行商の記憶 | トップページ | 大阪を感じさせる漫才 »