« 森麻季さんの「からたちの花」 | トップページ | ライターの規制について 弱腰の官庁 »

2010年4月19日 (月)

この世に無駄なことは何一つない 増谷淳子さん座右の銘

 先日コンサルタントの増谷淳子先生とお話しする機会があったので、前もって先生のプロフィールを調べた。すると座右の銘として二つ上がっていた。一つは「この世に無駄なことは何一つない」であり、もうひとつは「迷ったら、GO」である。
 先生と面談したときにこのことに触れ、自分の考えを伝えた。第一の言葉も第二の言葉も私の好んで使うフレーズとほぼ同じである。「この世に無駄なことは何一つない。ただし、前向きに生きている限りにおいてである。後ろ向きに生きていたら、すべては無駄であるばかりか、すべてが重荷になる。」「するか、しないか、迷ったらする方を選びなさい。」これが私の解釈である。先生には、私の普段考えていることと同じであり、大変感銘を受けたとお伝えした。

 人生が上手く進むかどうかの決め手は、前向きになるかどうかである。どうしたら、前向きのスイッチが入るのだろうか。落雷に打たれたように神の啓示を受けて生き方が変わったというような例は尋常ではない。平凡な生活のなかできっかけをつかんで変わり始めるのが普通である。このチェンジのメカニズムを解明できればすごいことであるが、人それぞれ違う遺伝子を持ち、違う環境で育ち、違う感性と思想を身につけているのだから一般的な定式化は容易ではない。おそらく、考えられるもっとも有効なやり方は、「朱に交われば赤くなる」式である。この諺は、集団のなかで悪い習慣が身に着いてしまう場合によく使われるが、よい性向もまた周囲の感化によってもたらされる場合が多い。チームで互いに励ましあい、影響を与えあう状況を作ることが、ひとつの仕掛けであろうと思う。

« 森麻季さんの「からたちの花」 | トップページ | ライターの規制について 弱腰の官庁 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 森麻季さんの「からたちの花」 | トップページ | ライターの規制について 弱腰の官庁 »