« 庄司、山崎慎太郎、藪、巽、おまけで中後、鬼屋敷 | トップページ | 今日も好投 向陽高校藤田投手 »

2010年3月28日 (日)

健闘光る向陽高校 日大三高相手に善戦

 3塁側アルプススタンドから向陽高校対日大三高の試合を観戦した。結果は3対1で日大三高が勝利したが、二十一世紀枠で出場した向陽高校は初戦突破に続き、有力校に臆せず堂々とした戦いぶりを見せた。なかでも主戦の藤田投手は、走る速球を武器に強気の攻めを貫き、安打は許したものの要所を締めて試合を盛り上げた。私の予想スコアは5対1であったが、僅差に持ち込んだのはまさに藤田投手の気迫のなせる業である。

  *向陽高校の敗因
 攻守でミスが出た。力の差を埋めるには堅実なプレーが必須であったが、得点圏にまで打者を進めるエラーがあり、また追加点が欲しいところでのバントミスも出てしまった。初戦の開星高校戦は向陽側にとってパーフェクトの試合だったが、二戦続けてそれを求めるのは酷だった。惜しむらくは、最初の一点を向陽側は欲しかったのだが相手に行ってしまった。日大三高にもミスがあって向陽側への流れもあったのだが、やはりミスがその流れを止めてしまったと言えるだろう。

  *今後の課題
 1 バントなど基本的なプレーに練習の時間を使ってほしい。
 2 打力にひ弱さが見られる。夏の予選を突破するには、今大会で対戦したような全国クラスの投手の速球を打ち返すスイングの強さが求められる。筋力トレーニングも積極的に取り入れ、練習後のたんぱく質の摂取を強化して強い体を作ってほしい。
 3 投手力は光るが、夏は智弁和歌山を倒さなければならない。今大会で藤田投手は最速139kmを記録したが、できればもう少しアップしたい。加えてスライダーと緩いカーブに磨きをかけて緩急をつければ智弁打線は打ちとれる。難しい課題であり、智弁ばかりをマークすると他校に足をすくわれる恐れもあるが、意識は智弁に向かうのが当然だと思われる。

« 庄司、山崎慎太郎、藪、巽、おまけで中後、鬼屋敷 | トップページ | 今日も好投 向陽高校藤田投手 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 庄司、山崎慎太郎、藪、巽、おまけで中後、鬼屋敷 | トップページ | 今日も好投 向陽高校藤田投手 »