« 新型インフルエンザを物ともせず | トップページ | どこから、どこに向かって、ものを言うか »

2009年12月12日 (土)

河島英五のこと

 大学の構内で、学生集会のゲストに招かれ、ギター一本で、あの独特の大きな声で歌っていた。大学の創始者の銅像周りは黒山の人だかりで、1980年を過ぎた時代としては珍しい光景であった。
 私は、その集会のなかへは入らず、サークルの地下部室で、遠くに聞こえる彼の歌を何となく聴いていた。その集会を組織している連中に特に嫌悪感を感じていたのではなかったし、連中の何人かとは付き合いもあったが、その中に飛び込んで行って、運動を引っ張ろうという意思はなかった。一定の理解は示しつつも、遠巻きに見ているのが、そのころの私だった。
 その後、少しずつではあるが傍観者的スタンスを捨てながら生きてきた。人生のパートナーを得て、子宝にも恵まれ、好むと好まざるとに関わらず、周辺から中心へと立ち位置を変えていったのだ。それは職場でも同じことだ。しかし、周辺部で中央部を眺めていた時の心境と心情は忘れてはいないし、忘れてはならないと思う。理念として、すべての人が主人公として参加できる社会を求めたとしても、そこに入ることを躊躇して、眺めるにとどまる人は残る。どうしても残る。眺めていることもまた、参加の一つの形である。

 河島英五は1952年生まれ。私より6歳年上だ。同世代の人々に応援メッセージを送り続けたが、もうこの世にはいない。存在感のあった人だけに、その穴のあいたポジションを埋めるものは容易に現れない。

« 新型インフルエンザを物ともせず | トップページ | どこから、どこに向かって、ものを言うか »

コメント

 うーん。私の勘違いでしょうか。北島三郎ショーを観に行ったのは確か24年前です。その時は、旧梅コマはなくなっていましたか?新しくできた「飛天」だったのでしょうか。
 はっきり言いますと、私は昭和33年生れです。原辰徳や森昌子なんかと同じ年齢です。子どものころから歌謡曲好きだったので、年の割に古い歌を知っています。逆に気持ちの若いところがあって、若いタレントにも関心があります。深田恭子はデビューして10年ぐらい経ちますが、かなり前からのファンです。いろんな表情を見せてくれるし、下品なところのないのがいいですね。
 息子は、すぐに治ってしまいました。私もその数日後熱っぽかったのですが、辛抱していたら治りました。感染しても発症しない人が一定の割合いるらしいですね。
 さざん華さんも用心してください。

おはようございます。(^-^)

ほら~やっぱり ねっ!
私の思っていたとおりでした

だってー 旧梅田コマが無くなって
もう随分経ちますもの
その当時ご結婚されたばかりだとすると
なんとなく私より少し上の方かな?
なんて思っていました... が..深キョン??

それはそうと
息子さんのお身体の具合はどうでしょうか
回復なされましたか
心配ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型インフルエンザを物ともせず | トップページ | どこから、どこに向かって、ものを言うか »