« ジャズピアノを聴く | トップページ | 河島英五のこと »

2009年12月 5日 (土)

新型インフルエンザを物ともせず

 我が家にも新型インフルエンザが入り込んだ。大学3年生の長男が発症した。木曜日の朝から発熱し、夜には38度を超えた。息子は大学のマンドリンクラブに所属していて、土曜の夜に定期演奏会が予定されている。コントラバスを担当しているので、抜けられない事情がある。
 家内に氷枕を用意してもらって休んでいた。金曜日の昼に入ったメールによると、新型インフルエンザと判明し、タミフルを処方してもらった。そして、熱は37度近くまで下がったので、そのまま大学に向かったそうだ。20歳ぐらいの子は体力があるのだろう。一晩寝たらほとんど治ってしまっている。本人の病状よりは、クラブのメンバーに移してしまうことの方が心配だ。
 今日コンサートを見に行ってきたが、本人はいたって元気そうで、全体の演奏も普通にできていたので大きく穴を開けることはなかったようだ。目標に向かって集中しているときは、多少の困難は物ともせずに進んでいけるものだ。三人の息子は、期待以上には成長してくれていないが、体が丈夫なのは親としてありがたい。ちなみに、長男は中学高校と6年間皆勤であった。あまり褒めることはないが、今回の頑張りは褒めてもよいと思っている。

« ジャズピアノを聴く | トップページ | 河島英五のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズピアノを聴く | トップページ | 河島英五のこと »