« 幸福かどうかは・・・ | トップページ | 箱根駅伝テレビ観戦 »

2009年12月29日 (火)

2009年

 今年も今日を入れて残り3日となった。簡単にこの一年を振り返ってみたい。

 今年の世相を表す漢字に「新」が選ばれた。昨年末に、来年はきっと「減」という漢字が選ばれるだろうと予想したが、それは外れた。リーマンショック後の世界的な不況は日本にもおよび、サブプライムローン問題での被害が少なかったにも拘わらず、他国にも増してその程度はひどいものになった。輸出に頼る企業の業績が劇的に落ち込み、雇用の切り捨てが行われた。消費が大幅に縮みこんでデフレが進行し、企業業績が全般的に悪化した。何もかもが縮小していく現象が顕著だったので、「減」の漢字を選んだわけだ。
 その感覚に間違いはなかった。経済の分野で縮まなかったのは、安価で、中身も悪くない商品を上手く売った企業だけだ。ユニクロであり、王将であり、サイゼリヤであった。危機だからといってすべての企業が落ち込むわけではない。厳しい条件を逆に利用して、消費を呼び込むこともできる。そういうことのできる企業が戦略性に富んだ、「いい」企業である。
 ところで、「新」という漢字を選んだのは、あまりに希望の見えない社会にも、一筋の灯りを見出したいという願望の表れであろう。民主党の新政権は、このままでは悪いことばかりで、確信はできないけれども、ひょっとしたら良くなるかもしれないという消極的な選択だったと思う。それでも政権交代が起こったということは、戦後政治史においても画期的なことであった。これは、国民にとって大きな経験となったに違いない。
 経済はまだまだ深刻な状況である。ますます悪化することも考えられ、二番底という言葉もしばしば聞くようになった。私の勤務する会社も私の家族も、幸いに大きな痛みを味わうことなく一年を過ごすことができたが、来年はどうであろうか。大きくは期待できないけれども、いくらかでも希望の光が見える年になってほしい。なんとしても、われわれの命と生活は守らなければならない。政治も経済も、そのことが前提である。何かしら手の届かないところで動いているシステムがわれわれの主人ではないのだ。

 

« 幸福かどうかは・・・ | トップページ | 箱根駅伝テレビ観戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸福かどうかは・・・ | トップページ | 箱根駅伝テレビ観戦 »