« 「アルハンブラ宮殿の思い出」 聴き比べ | トップページ | するかしないか »

2009年11月28日 (土)

「事業仕分け」に思う

 今政府によって「事業仕分け」という予算の見直しが行われている。進歩したのは、これが広く公開されていることだ。そのせいか、マスコミで様々な事業が取り上げられ、それについて様々な意見が出され、世論もそれに反応している。そのこと自体はよいことに思われる。
 科学技術振興の予算も見直された。これに対しノーベル賞受賞者や毛利衛さんなどの著名人が異議を唱えている。意見はもっともである。日本が国際的に生き残っていくための鍵は人づくりであり、技術の振興にあることを否定する人は少ないだろう。私もそう思うので、無条件に認めよとは言わないものの、慎重に扱ってほしい。とはいえ、予算がすべて目的通りに使われいると言えば嘘になるだろう。関係する団体に天下りする役人もいるだろう。予算が動くところには人や組織が群がる。時に悪い人達が関係する。そういう部分は見なければならない。ただし、予算を減らせば、そういう人や組織を自動的に排除できるわけではない。それには、その問題に応じた仕掛けが別途必要なのである。

 予算には限度がある。一方、現在の社会では困っている人が山ほどいる。どこに優先的に配分すべきか。この優先順位の付け方こそ、まさに政治の要諦である。政治においては予算をどう使うかということと制度をどのように設計するかということが肝心な問題である。現実に利害関係はあるのだから、どの部分(階層)に厚く遇するのかが問われる。
 ただし、科学技術の振興などの問題は階層を超えて重要な課題であると思う。飢えた人には緊急的に予算を回すべきであるが、いくらかは将来への投資も必要である。これは企業の経営と共通した課題である。

« 「アルハンブラ宮殿の思い出」 聴き比べ | トップページ | するかしないか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アルハンブラ宮殿の思い出」 聴き比べ | トップページ | するかしないか »