« 非正規従業員に対する配慮 | トップページ | 舞台がなければどこで踊るか »

2009年11月22日 (日)

タモリ 今夜は最高より

 YouTubeは宝の山である。趣味である音楽ならば曲を探し、スポーツならば劇的な瞬間を動画で探し、お笑いならば名人芸と呼べる演目を探す。
 昨日はものまねつながりで検索していると、タモリがやっていた「今夜は最高」にいきついた。YouTubeでは何十本か収録したものを見ることができるが、そのなかで面白かった3本をお気に入りのなかに入れた。その3本のゲストは、①藤村有弘 ②小松政夫 ③団信也 である。
 藤村有弘は本業が俳優・声優だったが、インチキな外国語を使う話芸を一つのジャンルとして確立した。それをタモリが受け継いだ形になっているが、その器用さ、繊細さにおいては藤村が第一人者と言える存在だった。この収録でも、インチキ中国語でのタモリとの掛け合いが絶妙である。
 小松政夫は、植木等の付き人から出たタレントで、師匠を継いでナンセンスギャグ路線を歩いていた。最近は主に俳優の仕事をしており、NHKのドラマによく使われているようだ。出身はタモリと同じ福岡で、同郷ということで交友がある。ちなみに、イッセー尾形と武田鉄矢も同郷で親しくしている。この収録では、電車の音真似や製材所の電動ノコギリの音真似をしているが、単なる物まねではなくて、真似するときの妙に力んだ感じが笑いを誘う。
 団信也は、本業は何なのかよくわからないが、漫談をやり、物まねをやり、司会もこなすと思う。物まねではシナトラやディーン・マーチンなどのアメリカの歌手の真似が上手く、サミー・デービスJrがやる芸を日本人がやっているところがすごい。声がよく、歌が上手いからできる芸である。この収録では、三遊亭圓生、鶴田浩二、渥美清、東野英治郎、柳家金語楼、東八郎などを真似ていて、どれも面白い。似ているというのではなくて面白いのである。ただ、タモリと掛けあっているので面白さが何倍にも増幅している面があるだろう。最後の寺山修司と野坂昭如を真似ての掛け合いは絶妙である。よく言われるように、声真似だけではなく、その人の思想を模写しているところが味噌である。

« 非正規従業員に対する配慮 | トップページ | 舞台がなければどこで踊るか »

コメント

ありがとうございます。(^-^)!

いえいえ、違いますよ ちがいます
多分、同い年位?もしくは私の方が
少し下だと思いますが..

たまたま同じ音楽が好きという事で
あなた様のブログを拝見させて頂きました

大変生真面目な文面と人情味ある書かれ方
やはりこの世代の方っていいですね!
又、時々寄らせていただきますね。  o(_ _)o

 コメントありがとうございます。旧梅田コマには一回だけ行きました。結婚して間もないころ、親孝行で両親を連れていきました。
 新宿コマは一度も入っていません。歌舞伎町にはよく行きましたが、学生だったもので飲みに行くか、学生野球の後で噴水に飛び込んだりしてました。有名な演歌歌手のショーをやってましたね。
 ところで、さざん華さんはどんな方だろうと想像しながら書いています。おそらく私よりは年上でしょう。そして、地方都市で、結構余裕のある生活をしていらっしゃるような気がします。間違っていたら、ごめんなさい。

お久ぶりです。

先日、中古レコード店めぐりをして
みつけました! 「さよならさざんか」
思わず ばんざーいと叫んでしまいました。

あとこちらのページとは関係ない話題で
申し訳ありませんが
梅田コマ劇場、(前のページで拝見しました)
懐かしいですね
昨年 新宿コマ劇場も閉鎖されましたが
東洋一の規模を持つ豪華なステージ
三層にわかれ回る舞台など、とても好きで 
よく足を運びました。 
又、ひとつ昭和のなごりが消えたと思うと
とても残念に思うのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 非正規従業員に対する配慮 | トップページ | 舞台がなければどこで踊るか »