« 末光健一 もうひとつの伝説 | トップページ | 総合的に考える »

2009年10月18日 (日)

向陽高校対天理高校観戦記

  大津市の皇子山球場で昨日(10月17日)から開かれている高校野球近畿地区秋季大会を見に行ってきた。第2試合の「和歌山県第2位校の県立向陽高校」対「奈良県第1位校の天理高校」の試合である。
 下馬評は圧倒的に天理が有利で、コールドもありうると思われていた。実際、天理は3回までに3得点し、このまま一方的に押し切ると思われたが、向陽は3回裏に3得点し追いついた。その後向陽の投手が好投し同点のまま回を重ねたが、7回表に天理が1得点し、それを守り切って勝利した。
 同点に追いついてからの向陽藤田投手の投球は素晴らしかった。慎重に低めに集めゴロを打たせていた。安打を13本打たれたが低めに投げることにより長打を防いだ。前半はやや不安定だったが、3回表のピンチを見逃しの三振で断ち切ったことが自信を生み、さらにその裏の味方の攻撃が彼に勇気を与えたのである。

 天理は部員の強制わいせつ行為で出場が危ぶまれたが、辛うじて出場を許され初戦を突破した。選手たちにはかなりの精神的な重圧があったと思われる。それにしても、このような大事な試合になると心理的な要素が強く働いて、普段の力関係からは予想できない結果を招くものである。そういう意味で、「諦め」が最大の敗因となる場合がある。選手は戦うことが使命であり、自ら評論家になってはならないのである。

 天理の選手たちには、今後の試合で立派なプレーを見せてもらって、先の不祥事が極めて個人的で特殊な事件であったことをアピールしてほしい。

« 末光健一 もうひとつの伝説 | トップページ | 総合的に考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 末光健一 もうひとつの伝説 | トップページ | 総合的に考える »