« 灘高校合格者の半生 その五 | トップページ | 灘高校合格者の半生 その七 »

2009年10月10日 (土)

灘高校合格者の半生 その六

 市原 「それから、郷里の県立高校に転校されるのですね。」
 佐山 「そうです。一応、形だけ編入試験を受けました。学校には小学校の時の仲間の一部が通っていました。学年は一つ上になります。列車でとなりの町まで通学しますが、初日は緊張しました。幸いにも、その高校は進学校ではなかったので、灘高の値打ちの分かる生徒が少なかったので、逆に特別扱いされることなく、自然に溶け込めました。少しは悪い奴もいましたが、荒れる様子もなく、おおよそ平穏で、皆勉強ができないこと以外は非常にいい学校でした。」
 市原 「灘高は男子校ですが、公立だから共学ですね。」
 佐山 「そうですね。それもよかったです。自然な形で。中学は女子が少なかったし、高校は男子校で、女性との会話は本当に少なかったです。確か、担任の先生の紹介で文芸部に入部しました。そこの中心メンバーは、同じ年、ということは学年が一つ上ですが、男子も多くいて、彼らとすぐに親密になりました。そんななかで、精神的な病の方は、過去になにがあったのかと思うほど、すっかり消えてしまいました。家では家族と一緒ですから緊張感がないし、学校でもリラックスできる。勉強しなくても一番になれる。要するにストレスになる要素が皆無になってしまったのです。やはり、壁にぶつかったら頑張るよりも環境を変えることが大事なのだとつくづく思いましたね。」
 市原 「授業はどうだったのですか。灘高とは全然違う。」
 佐山 「まさに全然ですね。基本的には教科書しかやりません。数学も教科書をゆっくりやるものですから、苦手の私でも十分に分かります。基礎が身に着けば、難しい問題も解く取っ掛かりができるのでだんだん分かってくるのです。他の教科も同じですが、文系の教科はさすがに物足りませんでした。でも、不満はなかったですね。」
 市原 「とはいえ、時が過ぎれば、そろそろ次は大学進学を考えますね。」
 佐山 「そうです。でも、のんびりしていましたよ。兄が早稲田の政経学部を卒業したので、自分も早稲田に行きたいとぼんやりとですが、思っていました。理系への苦手意識があったから、最初から国立を受ける気はありませんでした。」

« 灘高校合格者の半生 その五 | トップページ | 灘高校合格者の半生 その七 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 灘高校合格者の半生 その五 | トップページ | 灘高校合格者の半生 その七 »