« 今だから言える失敗シリーズ 1 | トップページ | 今だから言える失敗シリーズ 3 »

2009年10月11日 (日)

今だから言える失敗シリーズ 2

 オートロックのホテルに宿泊し、間違ってキーを持たずに部屋を出て戻れなくなったことありませんか?

 テレビのコマーシャルでこんなシーンがありましたね。私も経験があります。それもパンツ一枚の姿で出たものだから、すっごく困りました。
 出張で岡山へ行った時の話。仕事が終わってずいぶんたくさんのお酒を飲みました。もともと弱い方だからすっかり酔ってしまいました。少し大きめのビジネスホテルだったので、確か8階だったと思いますが、上の方の部屋に入りました。そして入浴もせず寝入ってしまった。おそらく1時間ぐらい眠った後、目が覚め、朦朧としながら立ち上がり、思わずドアを開いてしまった。たぶん、トイレのドアと間違えたのでしょう。しかし、すぐに気が着けばよかったのですが、まだ酔っ払っていたのでドアを閉めてしまったのです。また間の悪いことにブリーフ1枚で寝ていたのです。
 一瞬で酔いがさめました。状況が正しく認識できたのです。どうしようか。フロントに行くしかないが、エレベーターで誰かと一緒になったら誠に恥ずかしい。いや、女性だったら犯罪的行為になってしまう。そうだ、階段を下りる人はいまい。おそるおそる下りていく。1階まで下り、ドアを開けるとうまい具合にフロントが見える。顔だけ出して、呼ぶ。「すみません。ドアが閉まってしまいました。開けていただけませんか。8階の部屋です。」そこから部屋が開くまでの過程は記憶が定かでありません。もう20年以上も前の話です。おそらく、私は階段をひとりで上って行ったはずです。
 こんな経験ありませんか。ある方は、ぜひ、コメントをください。

« 今だから言える失敗シリーズ 1 | トップページ | 今だから言える失敗シリーズ 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今だから言える失敗シリーズ 1 | トップページ | 今だから言える失敗シリーズ 3 »