« 悪い奴ほどよく眠る | トップページ | 静岡で地震 報道の仕方 »

2009年8月 9日 (日)

夏休みの宿題

 夏休みには有り余るほどの時間が与えられている。アルバイトをせざるをえない状況や入試前の勉強に大半の時間を割かざるをえない状況を除けば、好きなことのできる時間があるのだ。ただし難敵である、宿題というものが控えている。そのボリュームは小中高で違うし、学校の教育方針によっても違ってくる。違いはあっても、宿題の処理の仕方で休みの過ごし方に少なからず影響を与えるだろう。

 ネットで、あなたは宿題を先にやる派か後にやる派か聞くコーナーがあった。こういうものに、「派」はないだろう。できるならば先にやってしまいたいと誰もが思っている。しかし他に優先したいものがあったり、特別やることがなくても宿題に向かいたくないという気持ちが勝って先送りするだけなのだ。かくいう私も同じだった。最後の3日間ぐらいは苦しんだものだ。そんななかにあっても、分量は大したことがなかったが、最初の1週間ぐらいで済ませたことがあった。その年は、気分も爽快で、高校野球をテレビ観戦したり、本を読んだり、ただひたすらゴロゴロしていたりだった。とはいえ、宿題を残していてもすることに大きな違いはないのだ。要するに、気にかかるものがあるとなしとでは、気分の違いが大きいということなのだ。いやいや、私はそんなことは気にしない。宿題を残していてもすっかり忘れて遊んでいるさという人もいる。どうせやらないのなら、すっかり頭から消し去ってしまう方が精神衛生上よろしいことは間違いなかろう。

« 悪い奴ほどよく眠る | トップページ | 静岡で地震 報道の仕方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪い奴ほどよく眠る | トップページ | 静岡で地震 報道の仕方 »