« 「自由」とは何か 日曜の午後に考える | トップページ | 営業の極意 »

2009年8月30日 (日)

本物と偽物 もしくは 信念と打算

 人を評価する場合に、自分自身に対して、こいつは本物か偽物かと問いかけることがある。私は、経営トップから人事について意見を求められることがあるのだが、経営に近いポジションに人を抜擢する場合にはこの問いは欠かせないものである。

 経営に関する本を読むと、必ずと言ってよいほど管理と経営は違うとか、管理の延長が経営ではないとか書いている。そこには、いくつかの意味が含まれていると考えられるが、要は管理技術に長けた者をそのまま無条件に上に上げてはならないという主張である。ただし、管理技術や能力が経営の邪魔になるというわけではない。まったく異質の要素が付加されないと条件を満たさないということなのだ。

 それは何か。明確に定義できないので、いくつか回りくどい表現を使うかもしれないが意見を述べたい。まず、「裏切らないか」という基準だ。会社にはいい時もあれば、悪い時もある。どんな会社にもある。本当に悪くなった時に逃げないということである。人間、逃げようと思えばいくらでも理由は付けられる。親の面倒を看なければならないとか、自分の体調が思わしくないとか言い訳はある。事実そういう事態は発生するのだが、それを逃げの口実に使うのである。
 次に、経営とは組織全体に責任を負うことである。責任とは、社員の顔や家族の顔を思い浮かべることができるということだ。そして自分の生活よりも彼らの生活を優先して考えるということだ。これは誰にでもできることではない。小さな会社では一人ひとりの実際の顔が思い浮かぶだろう。大きな会社の経営者の場合は、もっと抽象的な顔かもしれない。あるいは大きな会社であっても現場に重きを置くトップならば、全員とは言わないまでも相当数の社員の顔を知っているだろう。知っていることは、何事にも代えがたい力を生んでくれるのだ。

 二点、判断の基準になる要素を上げてみた。サラリーマンの延長が経営者でないことは誰にでも分かることだろう。大事なのは、マインドであり、信念である。打算で大きな責任を負うことはできないはずだ。打算が先にあれば、どこかで失敗する。清水の舞台から飛び降りるぐらいの覚悟がなくてはならない。
 最初に書いたように、人事について意見を求められたときにはそういうことを考えて答えるようにしている。とはいえ、自分自身を考えたときには、理屈は承知しているつもりだが、まだまだ覚悟不足と言わざるをえない。

« 「自由」とは何か 日曜の午後に考える | トップページ | 営業の極意 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「自由」とは何か 日曜の午後に考える | トップページ | 営業の極意 »