« 静岡で地震 報道の仕方 | トップページ | 差異と同質性 »

2009年8月11日 (火)

夏の甲子園観戦記 第3日

 今日から休暇に入ったこともあり、早めに家を出て、お昼前に球場に入った。今回は3塁側アルプス席に入って、応援する関係者たちの様子もみながら試合を観ることにした。第2試合の長野日大対作新学院、第3試合の天理対南砺福野、第4試合の如水館対高知を観ることができた。

 第2試合は点の取り合いで大味な試合になってしまった。両校の主戦投手は共に制球が悪く、四球を出すとともに打ち込まれ失点を重ねた。最終盤は、お互いに落ち着いて投げられただけに前半の乱調が残念である、とくに作新学院の二番手は落ち着くと球が走り、150キロ近い速球を投げていた。それならもっと早くできたのではないかと思うが、落ち着いて日頃の調子で投げることは、こういう舞台では難しいのだろう。

 第3試合は新型インフルエンザの感染で十分練習ができなかったとされる天理と、地方大会をミラクルな戦いで制した南栃福野の試合。予想外に応援団の人数が多くて、アルプス席はいっぱいになった。結果は天理の大勝である。南栃福野は、普通であれば甲子園には出てこれないチームであり、力不足は否めなかった。守備練習から球が手に付かず、それが試合にまで現れて失策を重ねた。死四球とエラーが大量点につながった格好で、それがなければもっとまともな対戦になっていた可能性がある。自信の有無は、プレーにも表れるもので、天理の野手陣は落ち着いたフットワークとグラブさばきを見せていた。いい選手は構えた姿が格好いい。余分な動作がなく、スマートである。逆に弱いチームの選手は、落ち着きがなく、無駄な動きが多い。この2チームは好対照のチームだった。他に、天理の外野手が初回の守りに入る時に、揃って外野スタンドに向けて礼をしたのが印象的だった。こういう姿は他校で見たことがない。

 第4試合は因縁の対決。雨で、2試合連続で途中中止になった。比較的よく似たチームで、守りは堅実であり、試合運びはそつない。しばらく力どおりに僅差で進行したが、7回に大きな展開がみられた。如水館が3対2の1点ビハインドで迎えた7回表の高知の攻撃。1死1、3塁で高知の好打者である投手の公文を迎えた。ここで、迫田監督はこれまで好投してきた西見に勝負させると思ったが、1塁が空いていないにも拘らず、敬遠させた。そして左腕の池内に交代。よほど信頼があったのだとは思うが、代えるのであれば左打者の公文のところで代えて、際どいコースで勝負させても面白かった。上手くいけばゲッツーもあったろうに。それから、池内が押し出しの四球を出して、続く打者にもボールを2球続けた時に、同じ左腕の浜田に代えてしまった。これ以上追加点はやれないという迫田監督の判断だろうが、打席途中のチェンジは考えにくい。信頼しているのならその打席は投げさせるべきだろう。結局浜田も四球を出して大量点につながってしまった。

 ほんとにちょっとした判断の違いによって試合は大きく動いてしまう。采配のミスと言えるかどうかは分からない。結果がよく出ていれば、好采配と持ち上げられる。しかし今回は結果がでなかった。少し弱気ではなかったか。私はそう思う。

« 静岡で地震 報道の仕方 | トップページ | 差異と同質性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 静岡で地震 報道の仕方 | トップページ | 差異と同質性 »