« アクセス数増加の原因② | トップページ | 交わらない社会 格差の固定化 »

2009年7月26日 (日)

シンクロでメダルなし

 世界水泳のシクロナイズドスイミングで、日本はこれまで毎回獲得してきたメダルを逸した。ソロ、デュエット、チームそれぞれで順位を落とし、地盤沈下の様相を見せてきた。これまではロシアという壁があって、世界大会のデュエットで立花・武田組の金はあったものの後塵を拝する結果となっていた。しかし、確実に銅メダルはとってきた。それゆえ、注目度も高く、国民が期待する種目の一つであった。

 敗北の原因はなんだろうか。詳しくはないが、ひとつは世代交代の時期ではなかったか。ニュースで見ていると、非常に若い選手が出場していた。次に、優秀なコーチの流出があったのではないか。中国やスペインにコーチが出て行った。井村さんの件は有名であるが、先日のニュースではスペインチームにも今現役のコーチが参加している。井村さんは現在は日本で若手の選手育成に力を入れているようだが、あのような大御所が下の組織で指導していると、ナショナルチームの監督はやりにくいのではないか。口出ししたりすることはないのだろうが、そう思ってしまう。

 そんな理由で、選手の演技は精彩を欠いてしまった。日本は欧米に比べ手足が短く、プロポーションで劣っているので、演技の同調性が勝負だった。それが今回は不十分だったので点数が伸びなかったのだ。私が心配するのは、現実のスキル低下以上に、イメージの低下である。プロの審査員であれば純粋に演技だけで判断するのだろうが、記録を争う種目ではないだけに印象が左右する。日本はレベル低しという先入観が出来上がればそれが大敵になる。北京での結果で、中国と日本の力関係が入れ替わった。そのことに対する井村雅代の功績は大きい。あの出来事が、今に尾を引いているといえないだろうか。

 巻き返しは非常に難しいと思う。技術レベルの向上は時間をかけて指導すれば出来ないことではないだろう。しかし、大会を重ねて力関係を変えることは容易ではない。想像以上の時間を必要とするだろう。そして私が最も恐れるのは、国民の関心の低下である。シンクロはもう駄目だなと思ってしまったら、興味が湧かない。そうするとマスコミも取り上げない。そうすると選手もコーチも士気が上がらない。あえて誤解を恐れず言うならば、関心を喚起する方法は、ビーチバレーにおける浅尾のような存在を作り上げることしかない。いや、それ以上のものだ。浅尾はまだ力不足。容姿もよく、実力もまた必須である。

« アクセス数増加の原因② | トップページ | 交わらない社会 格差の固定化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アクセス数増加の原因② | トップページ | 交わらない社会 格差の固定化 »