« 性同一性障害のこと | トップページ | 桃井かおりのこと »

2009年5月16日 (土)

民主党代表に鳩山氏

 NHKで民主党の代表選挙が中継された。結果は鳩山氏124票、岡田氏95票で、鳩山氏が新しい党代表に選ばれた。公共の電波を長時間使って放映されたが、これに対しては電波ジャックとの批判が一部に聞かれたが、次の政権に就く可能性のある第二の党ということで、大きな問題にはなっていない。

 投票の前に両候補者の演説が行われた。私は民主党の支持者ではなく、両候補者のファンでもないので、冷静に見ていたが、鳩山氏には抽象的な表現が多く、岡田氏の話の方が分かりやすかった。事前の情報では鳩山氏が優勢で、投票権が議員にしか与えられなかったので逆転は難しく、予想どおりになった。

 政党は、同じ政治的理念、目標を共有する人が集まった組織であるから、根幹の部分での違いはありえない。違うのであれば別の党へ行くべきである。他方、理念を実現するための手段の選択や細かな政策においては違いはあるだろう。その範囲での違いを浮き彫りにし、リーダーシップなどを加味してどちらが賛同できるかを決めるのが今回の選挙であった。ただし、今回の代表選は、誰のもとで総選挙を戦うかという重大な選択肢を含んでおり、その観点を抜きにして投票をしたのであれば、議員としては失格ではないか。私個人としては、岡田氏が勝った方が、民主党のイメージがアップし、勢いが出たのではないかと考える。小沢色は早く払拭するほうがいいと思うのである。

« 性同一性障害のこと | トップページ | 桃井かおりのこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 性同一性障害のこと | トップページ | 桃井かおりのこと »