« ブログを書くこと | トップページ | 宗教についての雑感 »

2009年4月19日 (日)

自分は普通?

 私は自分を普通の人間だと思って生きてきたが、養老猛先生に言わせると、普通だと思い込むのは危険だそうだ。世の中を見る時に、自分の考えがマジョリティだと思うと押しつけがましい意見になってしまうからだという。逆に、変わっていると思っていれば、自分を世の中に合わせようと意識するから、謙虚になれるし、他人も理解できるというのだ。

 私は、比較的、中立的に、客観的にものが見える人だと自分のことを評価していたが、これにも少し注意した方がよさそうだ。自分なりの考え方、見方、評価軸は持っていて、普通のひとよりははっきりした思想をもっていると思う。それ自体は悪いことではないだろう。主張することも悪くはない。しかし、それは絶対ではないし、同じ軸を持っている人は現実には多数ではない。そのことはもっと意識すべきだろう。そのうえで、自分に共感してくれる人を増やす努力が必要だ。ああ、あるほどなあと思ってくれる人は少ないのだ。

 結構、会社の朝礼などでも言いたいことを言っているが、分かってもらえていないし、記憶にも残っていないだろうと、ここで改めて自覚しよう。

« ブログを書くこと | トップページ | 宗教についての雑感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログを書くこと | トップページ | 宗教についての雑感 »