« 選抜高校野球始まる | トップページ | 公共の施設を利用しよう 水道記念館 »

2009年3月29日 (日)

東京03

 テレビはあまり見ないが、見るならお笑い番組かスポーツ中継である。最近おバカキャラのタレントを押し出したクイズ番組が大流行りだが、好きではない。アタック25のような真面目なクイズ番組は自分の知識量を計るうえでも参考になる。

 お笑い番組も多い。若手芸人はギャラが安いので、製作費が抑えられて利益が上がるのだそうだ。「レッドカーペット」「エンタの神様」を子どもと一緒に見ることが多い。ピン芸人から5人組までいて、芸風もまちまちである。レッドカーペットはひと組の持ち時間が短いので、じっくり見せたい芸人にとっては難しい。逆に、経験が短く、話術が未熟な芸人でも、ネタとキャラで受けることが可能だ。だから一瞬注目されるが、すぐに消えていく芸人(もどき)もいる。エンタは人によって持ち時間が異なる。アンジャッシュやタカアンドトシなどは5~6分のコントを演じる。逆に素人に毛の生えたような人が出てきて、1分で終わる場合もある。この番組を作っている読売テレビのプロデューサーであるMさんから聞いたのだが、面白いタレントを発掘するのが仕事で、ヒロシは彼が見つけてきたそうだ。短い期間だったが爆発的に売れて、月収が4万円から500万円に跳ね上がったそうだ。今は何をしているのだろうか。

 私が今好きなのは、東京03というトリオである。30代半ばの男性3人組で、芸歴は皆十数年ある。NHKの爆笑オンエアバトル育ちで、メンバーは別の2組のコンビとトリオのメンバーだったが解消して2003年に今の形になっている。ネタはたくさん持っていて、You Tubuで見ることができるが、私のベスト3を上げると、①サングラス ②バンドの方向性 ③熱血教師対熱血教師となる。設定は、友人同士、職場の仲間同士、上司と部下など日常どこでも見られるシチュエーションで、見方・考え方のズレや本音と建前とのギャップを、誇張して面白く見せている。日常では表面化しない行き違いや葛藤を表に出すことでお笑いにつなげていて、非常に巧妙だと感じる部分もあるが、少し生々しく感じられることもある。

 

« 選抜高校野球始まる | トップページ | 公共の施設を利用しよう 水道記念館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/28858676

この記事へのトラックバック一覧です: 東京03:

« 選抜高校野球始まる | トップページ | 公共の施設を利用しよう 水道記念館 »