« 猫以下になった人間 | トップページ | お墓参りをする人は霊を信じているか »

2009年1月25日 (日)

息子の大学受験

 息子が大学を受験する。できれば現役で合格してほしいと親は願っているし、本人も浪人はしたくないようだ。複数の大学を受験するが、その中には、合格しても行く気のない大学もある。本番初日は受かりやすい大学を選んであり、さしずめ予行演習と言ったところだ。受験料は3万円が相場の様だ。1万人受験する大学では、それだけで3億円の収入。大きな大学では10万人受けるから、30億円である。経費を差し引いても大金が手元に残る。大学にとっては大きな資金源である。これに加えて、入学金がある。水増しで合格者を出した分の入学金も相当な金額になる。30万円程度が相場であるから、仮に千人辞退すれば3億円になる。大学のブランド価値を維持しておけば、これらの収入は安定して見込めるわけだ。これを支払う方も非常に大きな負担で苦しいのだが、リスクを軽減するためには仕方のない選択である。

 ところで、気になるので、インターネットで入試のデータを調べてみる。そうするといろいろなことが分かってくる。志願者数の変化、合格最低点・最高点・平均点の変化などなど。合格者の科目別最低点を見ると、2~3割ぐらいしか取れていない科目がある。そこで不足した分は得意科目で挽回していることになる。総合点の勝負だからそういうことはある。稼げる科目を持っていると有利なのだ。失敗しても取り戻せるということ。

 東大のデータを見ていて気付いたが、合格最低点がやたら高い。最低点は他の大学並みに7割程度で普通なのだが、最高点はもう満点に近い。これは他の大学にはない。特別に優秀な学生は東大に集中しているという証である。彼らには解けない問題はないのであろう。ある意味、出題者に近いレベルの能力があるということだろう。

 さて息子の受験はどうなるのだろうか。しばらく落ち着かない日々が続く。

 

« 猫以下になった人間 | トップページ | お墓参りをする人は霊を信じているか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/27462170

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の大学受験:

« 猫以下になった人間 | トップページ | お墓参りをする人は霊を信じているか »