« お葬式 | トップページ | 2008年を振り返って その2 »

2008年12月28日 (日)

2008年を振り返って その1

 今年も残り3日となった。振り返ると、今年は50歳になったということもあって、これまでになく記憶に残る一年になった。とにかく経済環境が厳しい方向に急激に変わり、仕事では例年以上に大きな課題を背負うことになった。幸いにも経営トップから一般社員に至るまで、苦しい中でも踏ん張って努力し、最低限の実績は残せたのではないかと思う。仕事をしたという実感の残る一年になったと言える。

 環境の変化は著しかった。景気の後退は当初から予測されたが、原油の想像を絶する高騰は原材料価格を引き上げて、利益を奪っていった。続いて秋以降に発生した米国発の金融危機は日本の実体経済にも影響を及ぼし、われわれの市場をも委縮させている。最高に利益を出していたトヨタが通期で赤字に転落するであろうとの報道は、今回の危機を象徴する出来事としてショッキングに受け止められた。

 その他、あまり好ましくないニュースが目立った。非正規雇用の増大を背景とする格差の拡大と固定化は景気の後退とともに克服すべき課題として広く国民に認識されるようになった。秋葉原での無差別殺人はそのような社会的背景をもって語られることが多く、記憶に刻まれる事件になった。全体にモラルの低下をひしひしと感じられる事件が頻発したが、モラルの低下は原因ではなく、結果として起こっている現象であり、その原因を探ることは広く社会科学の課題であり、それを踏まえて政治が解決すべき課題となるだろう。

 2009年は引き続き厳しい年になるだろう。世界の動きは自分の力では如何ともし難いものである。そのなかにあっても、自助努力によって会社の経営とプライベートの生活面では充実した一年にしたいし、なるものと信じている。

« お葬式 | トップページ | 2008年を振り返って その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/26582949

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年を振り返って その1:

« お葬式 | トップページ | 2008年を振り返って その2 »