« あやふやな発言 | トップページ | 夏目漱石の「こころ」 »

2008年11月24日 (月)

観光地の食堂はなぜまずいか

 今日、近くへ行ったついでに法隆寺を訪れました。確か、前回行った時も晩秋だったと記憶しています。生憎の雨模様で、観光客も少なかったです。お天気がよく、暖かければもっと人は多かったに違いありません。ただ、ちょうど紅葉のシーズンでもあり、大半の観光客は京都方面に流れると思います。

 訪れたのはお昼時だったので、拝観後お腹が空いて周辺の食堂で食べようと思いましたが、結局食べませんでした。そういう場所の食堂は高くてまずいという認識があります。これは偏見かというと、あながち間違いではなかろうと思うのです。とはいえ、お店の方も、一元さんだから、少し高くても金を出すだろう、まずくても食べるだろうと、居直っているわけではないでしょう。そうなるには、お店の人の考え方ではなく、そういう場所での商売に共通の条件があるのではないでしょうか。このことに特別興味をもって調べたことはないので、今日の思い付きですが、ちょっと考えてみましょう。

 どういう特徴があるか。お客さんは、特定の日に集中しますね。暇な時期の方が多いのではないでしょうか。繁華街であれば、週末に人が多いだろうし、ビジネス街はウィークデーの人出が多い。観光地は大概春と秋の行楽シーズンが繁盛します。バラツキが大きいと利益を出すのが難しいのではないか。固定費は同じようにかかるが、年を通しての売り上げは大きくはない。繁忙期だけに人手を集めるのも手間でしょう。そう考えると、コストは高くなるし、上乗せする利益が大きくなるから、自ずと高くなりますね。客の足元を見ているわけでもなさそうです。それから味の方ですが、お客が常時来るわけではないから、新鮮な食材は調達しづらいでしょう。どうしても日持ちのする食材になるし、冷凍ものも多くなる。それから、これは考え過ぎかもしれませんが、いろいろな地方から人が来るので、味が一般的になるのではないでしょうか。大体無難な味付けになる。素材と味付けの両面から、おいしくない理由が考えられます。

 かなり経験に基づいた、主観的な部分の多い推測ですが、いかがでしょうか。

« あやふやな発言 | トップページ | 夏目漱石の「こころ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/25621079

この記事へのトラックバック一覧です: 観光地の食堂はなぜまずいか:

« あやふやな発言 | トップページ | 夏目漱石の「こころ」 »