« 1998年という年 | トップページ | 映画鑑賞 容疑者Xの献身 »

2008年10月26日 (日)

村上春樹 「ノルウェイの森」

 今読みつつあるのは、村上春樹の「ノルウェイの森」(講談社文庫、、上下巻)である。この小説は20年余り前に刊行され、ベストセラーになった。この文庫版でさえ、4年で20刷を超えている。村上はここ数年ノーベル文学賞候補にあがっている世界的に有名な作家である。

 実は、村上春樹の作品を読むのは初めてである。同じ村上でも、村上龍の作品は、「限りなく透明に近いブルー」と「コインロッカーベイビーズ」を学生時代に読んでいる。方や、春樹は作品の名前や、彼の活躍の様子は知っていたが、本を手に取ることはなかった。これは、大学を卒業してから、小説を読む機会がグンと減ったことにもよるが、勝手な思い込みがあって読む気を削いでいたのだった。それは言うのも恥ずかしいが、「ノルウェイの森」は北欧のノルウェイが舞台で、そこで若い男女が恋愛を繰り広げる、若い女性が好むような物語だと思っていたのだ。

 今年も村上春樹がノーベル文学賞を逃したと聞き、ここらでひとつ読んでおくかという気になった。賞を取った時に一冊も読んでないようでは会話に参加できないからである。化学賞や物理学賞は畑違いだから知らなくて当然。少しでも知っていればプラスの点が付く。ところが文学は、文系の私にとっては知らないと減点である。さて、「ノルウェイの森」の上巻を読み終えたところである。タイトルは、ビートルズの曲の名前だと分かった。ビートルズの曲もヒットしたものは大抵知っているはずであるが、これは知らなかった。

 まだ読み終えていないので、全体を評価することはできない。もっとも、「小説」一般を深く読み説く力量は私にはない。一文学ファンとして、いくつか感想程度のものを言いたいだけの話である。まず、優劣はさておき、確かに面白い。なかなか思いつかないような話が展開される。主人公の恋人が精神の病で療養している施設で展開される話は時間を忘れるほどであったし、恋人と同室で療養しているレイコさんという女性が、そこに来る前にピアノを教えていた中学生の少女からレズビアンを仕掛けられる場面は面白かった。次に登場人物も存在感があって面白い。先輩の永沢さん、特攻隊と呼ばれる同僚は、居そうであるが実際は居ないだろう。でもひょっとしたら居るのではないかと思わせる。それだけ興味をそそられる存在に書けている。最初に言ったように全体はまだ読み終えていないので分からないが、着想としてはよくある、精神の在り方が世間には適合せず別の小世界に退避している人たちが実はまともで、世間で正常者として暮らしている俗物たちの方がまともでないという構図がうまく描かれていると思う。まともでない主人公たちの感性があまりにもみずみずしく、愛らしいので、自分の感性もまともでない方に位置づけ、彼らに同調しようとしているのかもしれない。

ノルウェイの森(上) ノルウェイの森(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

ノルウェイの森(下) ノルウェイの森(下)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 1998年という年 | トップページ | 映画鑑賞 容疑者Xの献身 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/24759848

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹 「ノルウェイの森」:

« 1998年という年 | トップページ | 映画鑑賞 容疑者Xの献身 »